100円玉の謎

先日、お金を弄っていてふと気づいたことがあります。

もしお手元に財布などあったら確認してみて欲しいんですが、昭和48年・49年に鋳造された100円玉ってなんか薄くないですか?

縁の盛り上がりが無いというか、なんというか。他の年の100円玉と比べると明らかに薄い!

思い違いじゃないかと思って検索すると、やっぱり同じように感じている人がおられますね。

100円の不思議 – こあら的デイリーライフ日誌

お前、薄いよな。 – てなもんやサウンド笠

たまに自販機とかで、投入してもカウントされずに返ってくるコインがありますね。あれもよく考えると、

48年製の100円玉の割合が圧倒的に多いんですが。

たまたま昭和48年に100円硬貨の原料(白銅)の価格が高騰したとかで、鋳造型を変えたんでしょうかね・・・・謎。

 

ま、そんなわけで今日の一曲。アダム・ランバートのネバー・クローズ・アゥワー・アイズ。

       

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中