ALYac Internet Security Pro 2.5 がデネットより発売開始

久しぶりのブログ更新です。

ところで、以前書いたALYac Internet SecurityのレビューをALYacのキャンペーンに応募したところ、見事入選、念願のiPadを獲得しました。

ブログを閲覧してくださった方々のおかげです。ありがとうございました。

 

さて、そんな期待の新製品ALYac Internet Securityですが、株式会社デネットより、有料パッケージが発売開始になったようです。

デネット ALYac ページ:http://www.de-net.com/products/alyac/

 alyac

価格は1PC1Y版が2,940円、3PCで1年間使う/1PCで3年間使う場合も3,990円と、非常に安価。

総合セキュリティソフトと呼ぶには機能が少なめですが、その分動作が軽いのと、小規模ベンダーながら親切なESTsoftのサポート体制、

未だにWindows2000をサポートしていることなどを考慮すると、それなりに価値のある製品ではないかと思いますね。

 

ALYac Internet Security Pro 2.5 がデネットより発売開始」への5件のフィードバック

  1. トライデントさん、こんばんは。ご無沙汰しております。

    さてalyacですが、新宿のヨドバシカメラで見かけましたよ。altoolsブログでも書いてありましたね。

    http://ameblo.jp/altools/entry-11294901419.html

    ベッキーさんのソフトもバージョンアップされたばかりのせいか、いっぱいありましたね(笑)

    ところでトライデントさんはipadをすでにご使用されていますか?

    僕の家では無線環境がありませんのでどうしようかと思案していますよ。彼女に欲しいといわれましたので、もしかしたらあげるかもしれませんが・・・。

    しかしやはり画面は綺麗ですねえ。

    1. milksizegeneさん、お久しぶりです。
      ずいぶん前にメールの返信を頂いていたのですね。さきほど拝見しました。気づくのが遅れて申し訳ないです。近日中にお返事させて頂きます。

      ALYacの評価などを見ていますと、韓国製というのもあってか2chを中心に批判的な意見が多く見受けられますね。たしかにカスペルスキーとかノートンなどをプレミアムクラスとするなら、ALYacは低価格ながら充実した製品を提供しているバリュークラスという位置づけになるでしょうか。この値段にして機能・性能も必要十分、サポートもしっかり受けられるとなれば、ほとんど言うことなしなんじゃないかと思いますね。
      ひっそりと発表されたので、周りに知って欲しくてこの記事を書いたのですが、ALtools公式ブログでも紹介されていたんですね。知らなかった・・・。私の家から近い京都駅前のヨドバシでも見れるといいな。

      iPadは先週の木曜あたりに届きました。画面は確かにほれぼれするほど綺麗ですねえ。ウチは子供達が代わる代わる使いたがるので、私はまだ使えていません(TT) が、喜んでいるならそれでよしということにしておきたいと思います。(我が家は少し前に無線LANに変えましたので、ちょうど良かった!)

      1. >たしかにカスペルスキーとかノートンなどをプレミアムクラスとするなら、ALYacは低価格ながら充実した製品を提供しているバリュークラスという位置づけになるでしょうか。

        確かにまだまだ不足している感は否めないけれど、価格帯からすればよくできた方で、カスペルスキーとかノートンなどをプレミアムクラスとするなら、ALYacは低価格ながら充実した製品を提供しているバリュークラスという位置づけになるでしょうか。

        の間違いでした。

  2. トライデントさん、こんばんは。コメントありがとうございます。トライデントさんの言われるように、alyacは価格的に言えばバリュークラスですね。いわゆるプレミアムクラスの総合型セキュリティソフトと比較すれば機能性・定義更新や検出率等の性能面でも開きがあると思います。

    先日、大魔王様からのご投稿で興味深い記述がありました。

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1390533473

    >ちょっとね、?と思ったのは、ALyacですよ。エンジンがbit defenderだというのに、同じfileを、ALyacと、bit defender freeでscanしてみると、bitが検知できるfileであっても、ALyacの方は、数日経過しても、検知できないまま。これは、やはりベンダーの力、力量の差ではないか?と感じるんですね。ALyacは「bit defenderエンジンを搭載している」から、という理由で、おすすめするのは、ちょっと危険かな?と思いますね。

    alyacが好評価を得ている原因の一つは検出エンジンにbitdefenderを搭載しているという点ですね。しかしながら同一のファイルを使用して同じフリー版の検出エンジンで違いが出ているという点。左記は以前にトライデントさんもご指摘されていたように、検出エンジンの違いということでしょうか。それから更新されるパターンファイルについてどの程度のものなのか・・・、僕も疑問に持っている部分でした。同じような現象は僕のPCでもありましたので。

    例えば新種のマルウェアを採取してきてそれをオンデマンドスキャンで検査しますね?スーパーセキュリティzeroで検出できたものが、数日してもalyacでは未だに検出できないということもありましたから。

    とはいえトライデントの言われるようにこの価格での製品としては良い製品と僕も思います。同じ日本語対応で総合型の無料セキュリティソフトと比較しても検知は出来ていますし、最低限必要な機能は揃っていこと。またサポート対応の良さや日本語の表記・各機能の設定のしやすさを考慮しても良いとおもいますよ。

    脆弱性対策をしっかりとしておけばまず簡単に感染することはないはずです。実際に実感していますので。DLしたファイルについてもパターンファイルでの検知は出来なくても実行した瞬間に検知ということが結構ありましたから。

    pro版のシリアルキーも頂きましたのでカスペルスキーの適用期間が過ぎましたら実環境で使用してみようと思っていますよ。

    さてipadは先日見事、彼女にもらわれていきました・・・。どうやら気に入ったようですね・・・。

    本日はこの辺で失礼いたします。

    1. こんばんは。同じBitエンジンでも検知できたりできなかったりする件、大魔王会長も疑問に感じておられたのですね。
      milksizegeneさんは以前もコメントされていましたね。
      めまぐるしく新種ウイルスが出現する昨今、数日経っても検知できない状況が続くのは、やはりいただけないところです。誤検知を防ぐための予防措置としてヒューリスティック感度も抑えてあるようです。ここは感度をユーザーが調節できるようにしてもいいと思いますが・・・。

      とりあえず、なんと言っても性能面の欠陥(?)ですので、私もALYacには早急に改善して欲しいと要望を出しているのですが、いまだに検討しますとの返事が返ってくるばかり。

      実はOEMエンジンといってもいくつかプランがあるそうで、おおまかに「1.最新のOEM用エンジン+最新の定義」「2.2世代前のエンジン+最新の定義」「3.2世代前のエンジン+やや遅い定義配信」という風なコースがあり、それぞれ料金が違うそうです。資金の豊富なG-DATAやF-Secureは1とか2、小規模ベンダーのALYacは3、といった具合かも知れません。ALYacも、お金が掛かるのですぐには対応できないのかもしれません。
      Bitdefenderだからといって、一概に本家の性能に準じるというわけではない点は注意が必要ですね。知恵袋でも、紹介するときは、可能な場合一応釘を刺しておきたいと思います。

      ただし、仰るように脆弱性対策がしっかりされた環境で、ブラウザを仮想化したり、信頼できないファイルは開かないなどの自衛対策を心がけていれば、検出率の低さはそれほど問題になるレベルではないと思います。たしかに実行してしまっても、振る舞い検知で阻止できる場合もありますからね。

      iPadは・・・そうでしたか。ウチも子供にあげてしまいました。
      まあでも、自分で使うのもいいですが、誰かが喜んでいるのをみるのも悪くないな、と思いますよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中